犬通

pour qui l'homme devienne le mielleur ami du chien

プロフィール

mon

Author:mon
毎日楽しく生きています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■どこじゃ?ここは

2007/02/28 00:14

家の裏山に六国見山と言う山がある。久々に登ってみた。
途中「妊婦登山する。」などと空手家に冷やかされながらも道なき道(うそです。ちゃんと古径や獣道もあります。)を進む。
DSC03223.jpg


気分は川口浩探検隊。「人類未踏の島に人食い虎が!」などといいながらテンションはあがる一方。テーマソングを口ずさむ「川口?浩が?♪」←ほんとは嘉門達夫の歌
DSC03224.jpg


よくわからない植物も盛りだくさん。シダ類の芽吹きかな。
DSC03225.jpg


結局私たちから離れられず、先にいけなくて何度も行き先を「こっち?こっち?」と聞きに来るウニさんとがんがん進んでいくティントさん。やっぱり男の子は冒険心豊かだぁ。見計らって呼ぶとぴゅーっと走ってくる姿がかわいい。写真はウニさんの影に隠れてなかなか写らなかったため「未開の地で幻のダックスを探せ!」みたいになってしまったけど。
DSC03226.jpg

スポンサーサイト
Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:20

■ダックス集会?

2007/02/25 01:29

お友達のダックスズが遊びに来てくれました。
湘南方面の海で遊んでお茶でもして・・という予定でしたが、江ノ島方面のあまりの混雑にmonの家に予定変更。


箱入り娘ダンボは椅子の上がお気に入り。でもしつこく臭いを嗅ぐ2匹。
DSC03213.jpg


しばらく臭い嗅ぎなどでいそがしそうでしたが、食べ物が出るとこの集中力。
DSC03216.jpg


奥はワイヤーヘアーのロッシ君。ティントやダンボとは違った趣。
DSC03217.jpg



はい、おつかれさんでした。
DSC03219.jpg

Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:11

■こんなドーベルマンの紹介文って

2007/02/21 14:34

本屋で犬種カタログをぱらぱらと見ているとドーベルマンのこんな記事に遭遇!

「ドーベルマンはは利口で注意深く訓練を楽々とマスターする。終生一人の主人だけを受け入れる。幼少の頃から同族、人間に対する早期馴致を心がければ少なくとも喧嘩や噛みつきは防げる。ただしドーベルマンの飼い主の多くは愛犬が社交的になることを望まない。闘争本能をいっそう強化したいと思っている。それで、残念なことに犬種全体に危険な犬というレッテルがはられる。訓練を入れなければ確かに危ない犬になる。手入れは楽だが、運動量は膨大で、余ったエネルギーで悪さをしないように、いつも忙しくさせておく必要がある。・・・省略・・・・ドイツの公式使役犬であるドーベルマンは厳正な訓練が行き届いてこそ輝く。それがなければ値打ちはゼロである。のんびりした飼い主、デリケートな飼い主、どちらもこの犬には向かない。衝動買い厳禁。」

って・・・・値打ちゼロって・・・。

最近はようやくドーベルマンの明るい穏やかな部分も書かれる事が増えたなぁと思っていたけれど。
確かにここまで書いてくれれば無責任な衝動買いはないだろうけど。
飼い主のこともそう思っている人、やっぱりいるんでしょうね(笑)
というかきっとそういう飼い主もいるんでしょう。

私は特に自分をリーダーと強制していないし、上下をつけなければなめられるとも思っていないけれど、群れが守られている安心感を与える絶対的な存在であるということをいつでも伝えていくよう心がけています。
ご飯は人が先、ベッドにはあげないようにと書いてある躾の本もあるけれど、そんな事で立場が逆転するのなら、それ以外に絶対原因があると思う。最近のわんこ達は不安定な存在にも一生懸命ついてきてくれようとけなげな子も多い。自分が群れを守らないと必死になってしまう子も。
みんな私たちにしっかりしてほしいだけではないかな?
そんな本来の自然の力を思い出させてくれる本。以前も紹介しましたが、もう一度読み返してみて頷くところも多い本です。

「あなたの犬幸せですか?」





それから、日本にはドーベルマンの飼い方という本はほとんどないけれど、海外では結構ポピュラーな犬種なので普通に本屋さんに置いてあります。

DSC03202.jpg左はフランスで買ったもので右はお友達のご主人がアメリカで買ってきてくださったもの。分厚いです。

DSC03207.jpg
フランス判の育て方の本。大昔にちょっと住んでいたけどとっくにフランス語も怪しいので辞書片手に苦労しつつ・・でも犬の話は不思議と楽しいです。

DSC03206.jpg訓練の場面も何枚にもわたって詳しく書いてあります

DSC03208.jpg子供との暮らし方など♪

DSC03210.jpgアメリカ版も内容は似ているけれど、躾とかにちょっと重きが置かれている気も。あと病気関係も図入りで説明。フィラリアの仕組みと実際の写真。リアル・・。


遺伝疾患の事などもしっかり網羅してあって、かわいい写真も満載。

日本はダックスやチワワの本はきっと何百冊もありそうなのにドーベルマンってホント少ないです。

Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:14

■最後の検診・・・

2007/02/20 13:58

今通っている産婦人科を変わることにした。
設備も整っていて毎回ビデオも撮ってくれるし、問題なかったのだけれど、先日理解に苦しむ不思議な事があった。

その日は珍しく病院が空いていたので先生とお話をする時間が長く持てて、気になっていた羊水検査というものがどいういうものなのかを質問してみた。
すると突然「そんなことを知ってどうするのか?」という話から、「アメリカ嫌いなの?」と聞かれ、アメリカがテロをやっつけてくれるから如何に世界が助かっているかというアメリカ賛讃のお話になった。
ちょっときょとんとしてしまったが、何か聞き方がまずかったのかと流して聞いていると、またお話は変わり、ちょっとここには書けない様なある有名大学の風紀の乱れの事まで話しだした。

家からちょっとだけ時間がかかる場所だということもあり、これをきっかけに近所の大きな総合病院に移ることにした。
緊急時に夫がいなくてもタクシーですぐだということと、分娩台に乗らずに畳の部屋で好きな体勢で産めるアクティブバースを選べるという-実はいまだに良く分かっていないけど-点で。

紹介状を書いてもらう為、またその病院に来院した。

以前先生に仕事を聞かれたので航空関係の予約を取っている事は伝えていたのだがその時にカルテに「日○」とだけ書いていたようで仕事内容は忘れていたのか、「ん?あんたスチュワーデス?違うの?背が足りなかったの?」(←し、失敬じゃないかねo(`ω´*)o)
「うちはスチュワーデス一杯来るんだよ。」といいながら航空2社のスチュワーデス比較をして、最後の診断は終了した。
うちは出戻り大歓迎だからね!という最後の笑顔が目に焼きついた。

こんな先生もいるということで、不思議な体験。

bienvenu mon bébéTB:0CM:11

■バレンタイン・・・続き

2007/02/19 23:34

週末いつもの公園に行くと、ちょんまるのお姉さんになんと!バレンタインのケーキを頂きました。もちろんティンちゃんにです。

早速家に帰って食後のデザートに・・・。
DSC03192.jpg


ちゃんとウニコさんの分も頂いてますよ。
DSC03196.jpg


ウニコさん、ウニコさん、涎がはしたないですよ・・・。
DSC03198.jpg


宙を舞うヨダレ・・・。ウニコさんの顔がおかしな事に。
DSC03120.jpg


お、ぼっちゃん、お上品だね。
DSC03200.jpg


ウニさん、フォークは返してね・・・・。
DSC03201.jpg


*バックが散らかっているのは見なかったことにしてください。
Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:8

■うんこくさい!

2007/02/16 14:25

家のどこかかがうんこ臭い!でもどこだかわからない!
人間の鼻って30秒で臭いに慣れるらしく、もうちょっとだんだん分からなくなってきた・・・。
どこだ?!

お、おまいさんかい?
DSC03139.jpg


今から探索してきます(>Д<)ゝ”
Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:14

■バレンタインデー

2007/02/15 01:54

今日は牛すね肉のワイン煮込みとシーフードサラダを中心のメニュー。

おいしくできました。


今年は特に贈り物を買えなかったので、おいしいものでバレンタインデーのプレゼントと変えさせていただくことにした。
(※似たもので「肩たたき券」などがある。)

DSC03179.jpg

La gastroNOMIE-おいしい生活-TB:0CM:10

■ご親戚ドーベル

2007/02/15 01:22

ウニコのご親戚ドーベルオーナーさんのサイトです。
ドーベルマンクラブのカイザー君とアリスちゃんどちらもご親戚でした。
飼い主さんは長い間変わらずドーベルマンを愛されている方。
かなり近いご親戚なのでウニコとお顔似てるような気がします。

自分の子の血縁が見つかるってうれしいですね。


Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:5

■ぽかぽかの週末でした

2007/02/14 15:07

連休のいつもの公園。ここはどこ?っていう位の犬が集まってきた。
おなじみさん勢ぞろい。大小あわせて軽く20匹超え。(手ブレしてしまいました。)
DVC00003.jpg


今日は久々ボルゾイのエルと再会。
DSC03171.jpg


おおッ集まってきたっすね。
DSC03172.jpg


突っ走っていくエル。ボルゾイとは「俊敏」という意味だという。
川から上がってきたゴールデンのアインともつれあって遊ぶ。
DSC03175.jpg


エ、エル?パパ違うんじゃ・・・・。
blog.txt.jpg



さて間違いはどれでしょう。
DVC00059.jpg

Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:13

■危険が一杯

2007/02/09 21:56

もう10年くらい前だろうか?知り合いの年配の男性で日本画を描いている人がいた。
本人曰く海外で個展も開いているという。
取り立てて深い仲ではなかったのだがある時の会話。

Aさん:私は映画関係者とも懇意でね。今度スピルバーグが映画を撮るんだけど日本の芸者をモデルにした話なんだよ。
秘密裏にオーディションがあるんだが推薦してあげるからレジメを作りなさい。

mon:そ、そうなんですか・・・・。なんていう映画なんですか?

Aさん:「LEGEND OF GEISHA」というんだよ。
君を推薦してあげるよ。
それに私はアメリカ国籍があるから君、私と結婚したらあれが取れるんだ。

mon:・・・・・。

Aさん:イエローカード
丁重にお断りさせていただきました・・・・。
いりません、そんなカード。

mon avis-思うこと-TB:0CM:6

■肉まん作りました

2007/02/08 11:29

ご近所のお料理達人(もちろん犬友さん)のお宅で肉まんを教えていただきました。
自然素材で作るのでとにかくおいしい!意外に簡単♪
もう他では買えません。

付け合せのシーフードサラダ。手作りオーロラソースがおいしかったです。
DSC03132.jpg


いびつな作品。もうちょっときれいなのもありました。ホントです(汗)
DSC03133.jpg


これ以外にも自家製鰯のオイル漬けやブリのシュンユイ、ゴマのババロア等の作り方も教えてただきました。早速作ってみなきゃ。


ダチョウの卵 発見!味は薄味だそうです。でかい!
DSC03138.jpg


ところでこちらではワンちゃんだけでなく、猫ちゃんも飼っているのですが、リラックスしてこのポーズ。ヨガ?

にゃーん
DSC03135.jpg

にゃーん
DSC03136.jpg

La gastroNOMIE-おいしい生活-TB:0CM:5

■ダ、ダーリン?

2007/02/07 15:07

「う、う?ん。」天気が悪かったせいか、少し寝過ごしてしまったかもしれない。隣に寝ているはずの夫の存在を確かめるように目を閉じたまま手の甲をシーツの上に這わせた。


ぺロ・・・・・。


ペロ??



この記事の続きを読む…
Mes chiens-私の犬達-TB:0CM:8

■田舎の犬達

2007/02/06 14:07

週末実家に帰ってきました。
家事もせずのんびり(だらだら?)。
14歳になる実家の犬コロ(今時ない、オーセンティックな名前でしょう-笑-)とゆ?っくり散歩をし、白くなった顔に切なくなったり・・・。

実家の周囲は本当に田舎で今でもつながれっぱなしの犬達が沢山います。
家の前の自動車整備工場ではゴールデンとラブが飼われており、ラブは工場の中の一角につながれっぱなし、ゴールデンはその子と喧嘩するからと外につながっぱなしです。お散歩も全くされておらず、糞尿も放置で動物園以上の悪臭、冬なのに大量のハエが湧いていました。

どちらも1才前後らしくきっと遊びたい盛り、甘えたい盛りだろうと思います。
中にはさすがに入れなかったので、外にいるゴールデンに近づいて頭や体をなでてあげたりキスしてあげたりすると本当に喜んでいました。
「いつもここで頑張ってるんだね!すごいね!」「やさしくてかっこいいね?♪」と声をかけて、それから「またくるね!」とさよならしました。実家に帰ってきたときは必ず遊びに来たいと思います。
中からはそれを察知したのかラブが遠吠えをしています。

どういう状況であれ、いまその子のいる状態はその子の背負った運命なのかもしれませんが、見て見ぬふりをするのもしないもの私自身が決めることだと思い、飼い主の方に声をかけていることにしました。

飼い主の方がそれでも2匹を愛していてかわいいと思っているのなら救われます。
ただもし万が一どうしようもなくもてあましていて、結局飼いきれなくなってしまうのならその前に何かできることがあるかもしれないと思います。

同じ頃、やはり町内の犬が首輪抜けをして近所の家のゴミを漁っている事が問題になっており、父が「首輪ちゃんとつけなさい。」というと「もう保健所にやるからいい。猫にも吠えないし意味がない。」という答えだったそうです。
まだまだ保健所で犬を殺すことが当たり前な場所があるのだと改めて思い知らされました。

最初に書いた整備工場には「大型犬との暮らしで何か困っている事はありませんか?」という手紙と私の連絡先を渡すことにしました。

結局何も力になれないかもしれません。
ただ今回やはり一生を通じて犬達のために何かできることをしていこうという気持ちが更に強くなりました。

「貴方以上に貴方を愛してくれるのは犬だけである」という言葉がありますが、犬であれ、猫であれ、他の生き物であれ、私たちに注がれる一途な愛情を大切にしていきたいと思います。
mon avis-思うこと-TB:0CM:7

■鍵がない!

2007/02/01 23:38

お散歩から帰って家に入ろうとした時、鍵がないことに気付いた。
確かに家を出る前ポケットに入れたはずなのに、どこにもないのだ。
(やばい、どうしよう・・。)途中で落としたのかもしれない。
焦って探していると・・・・、

あ・・・・・









この記事の続きを読む…
Chez moi-私んち-TB:0CM:11

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 犬通 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。